松山市整体オステオパシー 症状 野球肘

自分やご家族が野球をしているすべての方へ

一生懸命に練習に取り組み、たくさんのボールを投げている人ほど、「野球肘」になってしまう可能性が高いものです。
しかも、この症状は自分で気づいた時にはかなり進行している可能性がある恐ろしいもの。
ほんの少しでも肘に違和感を感じたら、その時点で一刻も早く治療をスタートさせるべき症状です。

 

私自身、野球肘に悩まされ、二度手術を行いました。
二度目の手術の時、医師から言われた言葉が忘れられません。
「2年前から痛みがあったのなら、その時から肘が悪くなり始めていたのかもしれないよ」。
ショックでした。
そんな想いは他の誰にもしてほしくありません。

 

ここではそんな私の体験談を紹介します。
野球をしている学生、お子様が野球をしているという親御さんは、心当たりがないかぜひチェックしてみてください。


ある日突然、肘に痛みが

初めて野球肘になったのは、中学2年生の夏のことでした。

 

投げることが大好きだった私は、小学生の頃から暇さえあればボールを投げていました。
そんなある日のこと。
バッティングピッチャーをしていると、突然肘に痛みが走りました。
やがて肘が腫れ、間もなく曲げ伸ばしも出来なくなってしまいました。

 

しかし、病院でのレントゲン検査は「問題ありません」というもの。
その診断を不思議に思ったものの、その診断を信じ、鍼治療で表面的な痛みを取り、痛みと付き合いながら野球を再開しました。

 

ところが高校1年生の時に、今度は激痛に襲われたのです。
今度は「骨に亀裂が入っている」と言われました。
「手術をするとリハビリに時間がかかるから、高校で野球をする時間が減ってしまう」と考えた私は、手術をせずそのまま野球肘と付き合って行く道を選びました。
しかし痛みがあまりにひどく、思うように投げることは出来ませんでした。
大学生でも野球を続けたのですが、骨の状態が悪化したので、最終的に手術を行いました。

 

振り返ると、「早めに治療をしておくべきだった」と思います。
そうすればその後の野球人生を、痛みなく楽しめたのではないかと…。
ですから、私は野球をしている方々には声を大にして訴えたいのです。

 

「痛みが出たら、すぐに投げることを止めて休んでください」

 

痛みに気づいた時には、すぐに治療に入るべきです。
痛みを我慢している間にも症状は悪くなっているのが野球肘の怖いところなのですから。


野球肘とは何か

ここで、整体の視点から野球肘について解説したいと思います。

 

「野球肘」は、肘の内側や外側を痛めることによって、骨や神経などに起こる障害のことです。
症状は、大きく以下の3つに分けられます。
1.骨や軟骨などの障害
2.靭帯や腱や筋肉の障害
3.神経などの障害

 

症状の初期は、骨が「壊死」します。
ここで痛みや違和感に気づかず投げ続けてしまうと、さらに軟骨を傷付けてしまうことになります。
すると、炎症が起き、関節に水が溜まって腫れて痛むようになります。
さらに放っておくと、軟骨が剥がれて遊離体(軟骨で覆われた白い塊)となり、これが関節の隙間に挟まって、肘の曲げ伸ばしができなくなってしまいます。
私はこの段階まで進んでしまいました。

 

何より知っておいていただきたいのは、「痛みを感じたら、休む」ことです。
初期段階で症状を発見し、投げることを止めれば、新しい骨がつくられて、自己修復していきます。
つまり「休む」ことは治療でもあるのです。


野球指導者の方へ

野球が大好きな子どもほど発症してしまうのが野球肘です。
そんな子どもを守るために、痛みを訴えたらすぐに病院で検査を受けさせてください。

 

痛みを我慢して投げ続けることは、骨の成長にも影響します。
無理して投げ続けると、「骨端線」が壊れてしまいます。
これは骨の成長を助ける部分で、ここが閉鎖してしまうと新しい骨がつくられなくなってしまいます。
それによって、左右の腕の長さに3〜5cmの差が出てしまうこともあります。

 

野球が大好きな子どもを野球肘から守れるのは、子どもたちを一番近くで見ているあなたです。

野球肘を発症した、とある学生さん

中学3年生でピッチャーの学生さんが、中学生最後の試合の直前に「肘に痛みがある」と訴えました。
本人は「たいしたことはない」と言いましたが、私は「とにかく病院へ行くように」と譲りませんでした。
「そのまま投げ続けたら骨が悪化して手術することになるかもしれない。そうなってしまったら後悔するぞ」と。

 

検査をしてみると、「軟骨に針の先程の傷」があったそうです。
お医者さんは「投げ続けていたら、手術が必要なくらい悪化していたと思うよ」と言ったそうです。

 

その子はそれから半年間、投げることを止めました。
そして半年後に、「軟骨が治っているよ」と言われたそうです。
現在は高校でピッチャーとして活躍しています。

当院の野球肘への方針

「肘だけでなく、全身の歪みを整える」のが当院の方針です。

 

野球が盛んな愛媛ですから、たくさんの学生さんを診てきました。
「肘が痛い」と言ってはいても、その原因はさまざまです。

 

まず、筋肉の張りが原因で肘の骨に負担がかかって痛みが表れること場合。
ですから、筋肉の張りをほぐしてあげると痛みが軽減することが多いです。

 

また、全身の関節が歪んで筋肉が張り、それが肘に影響してい場合もあります。
ですから当院では、必ず全身の歪みを整えるようにしています。
野球は全身運動なので、肘だけでなく股関節、骨盤、腰、背中、肋骨、肩、首なども歪み、筋肉が張っていることが多いからです。

 

野球肘を防ぐのに重要なのは、日頃のケアです。

 

まずは、日々ご自分でストレッチやマッサージを行うこと。
それに加え、定期的なプロの施術も予防に役立ちます。

 

また、もしも野球肘になってしまっても、あきらめないでください。
まずは痛みを引き起こす「投げる」ことを止める。
そして、定期的に施術を受け、張っている筋肉をほぐしていくことで痛みを緩和させることができるかもしれません。
まずはお気軽にご相談ください。

参考文献
肘実践講座 よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎
岩瀬毅信 柏口新二 松浦哲也
全日本病院出版社

 

野球ヒジ診療ハンドブック―肘の診断から治療,検診まで―
柏口新二 岡田知佐子
全日本病院出版社





【初回限定】90分コース2,500円引き
お電話お待ちしています