松山市 整体 オステオパシー

オステオパシーとは?

オステオパシーという言葉を聞いたことがないという方のためにご紹介します。

 

オステオパシーは1874年にアメリカの医師A.T.スティルによって創始された徒手医学(手を使う)です。
(アメリカなど、海外では大学で学ぶ医学の一つなんです)
医者であったスティルは元々は薬などを使って診療をしていたのですが、脳脊髄髄膜炎という病気でで大切な家族をたくさん失ってしまいました。
当時の伝統的な医学に対して以前から不満を抱いていたスティルは良い治療方法を研究し、オステオパシーを掲げました。

 

スティルは身体の異常な構造は体循環に悪影響を及ぼすと考えました。
特に背骨に問題があると、正常な神経伝達や内分泌、体液(血液、リンパ、脳脊髄液)の循環が阻害されます。
これは筋力や骨だけでなく、体内循環や免疫力の低下、内臓機能の低下などの形で、
身体の全器官に深刻な影響を与えると考えました。

 

オステオパシーとは人間の自然治癒力を最大限に活かした施術です。
病気とは痛みのある部分だけで問題が起こっているのではありません。
身体全体の様々な箇所の少しずつの歪みや制限がつながって大きくなって表面に現れたのが痛みのある部分です。

 

痛みを感じる部分だけを調べても解決できない症状のほうがはるかに多いのです。

 

例えば、腰痛の場合でも足首や膝の怪我や筋緊張があればそれを整体し、骨盤を矯正してから腰を整体し、
背中や首に大きな歪みがあれば整体し、最後に頭蓋骨の矯正をするという具合です。

 

足首を捻挫するとその瞬間に膝や股関節、骨盤、腰まで歪みが起こっている可能性
があるのです。それを整体しないで生活していくと背中や肩、首、頭の歪みや緊張を起こしてしまい体調不良になってしまうこともあります。

 

育児やデスクワークの方は長時間悪い姿勢で負担のかかる作業をしているので肩、首、頭、背中、腰の痛みや緊張を起こしてしまいます。

 

オステオパシーでは、まず身体全体の歪みや制限を検査し、痛みの原因となる部分を見つけ施術し、身体全体のバランスを整え、
自然治癒力が最大限に発揮できるようにし、健康へと導きます。

 

スティルの考える健康とは
「出来る限り全ての部分と構造が完全に協調して働く身体、精神、そして魂。生命にとって必須な物質を与えてくれる環境の中でこれらの3つが全て共生している状態」
「心と身体は人の心的態度と能力を作る。心と魂は精神的、心理的人間を作る。環境、空気、水、食物、熱、防衛、休息は全て健康に影響する」
「健康であるには”ポジティブであること”が必要である」

 

オステオパシーでは、次のような基本的理論のもとに治療を行います。
1、身体は1つのユニットであり、身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している。
2、身体の機能と構造は相互に関係する。
3、身体は自己治癒力を持っている。
4、オステオパシーの施術は上記3つの原則に基づいて行われる。

オステオパシーとは何か?効果や施術を解説記事一覧





【初回限定】90分コース2,500円引き
お電話お待ちしています